« 日本酒 無濾過生 純米 | トップページ | 東名高速でツーリング »

ハーレーのオイル交換

今日は約3000Km乗ったのでオイル交換しました。

Pict0081 まずOリングとガスケットです。Oリングは、

ドレインボルトとインスペクションの固定ボルト

に使用します。インスペクションのガスッケット

は1枚1200円もします。Oリングは170円程度です。

Pict0083 オイルは、スポーツスターではエンジン用と

ギヤー用の二種類使用します。写真左、金色

が今回初めて使用の100%化学合成のレブテック

シンセティクオイルで1クオート1100円。右の白い方がギヤーオイル

です。1クオート780円。ハレー純正の1/3ぐらいです。

Pict0085 まず、エンジンオイルの栓をはずし、エンジンオイルを

抜きます。色は真っ黒。よく働いた証です。

Pict0087 オイル受けはこの様に真っ黒。

Pict0088 次はオイルフィルターを

はずします。オイル受け

をしておかないと、はずした

                      後オイルがドバーと溢れてきます。

Pict0089 新しいフィルターに新しいオイルを120mL程度入れます。

ハレーは分離給油のためオイルラインにエアーをかませない

ためです。そして閉めて取り付けます。

Pict0090 今度は、ドレインボルトをはずし、ギアーオイルを抜きます。

色は綺麗な薄黄色で、透明なオイルです。エンジンと分離していて

カーボン等で汚れていません。

Pict0091 しかし、ドレインボルトの先端の磁石には鉄粉が写真のように

付いていて、取り替えてよかたーと思えてきます。

Pict0092_2 インスペクションよりギアーオイルをジョウゴを使い1クオート

入れます。これは正規のやり方ではありません。ちょうど1クオート入るので、

         量を確認せずにここから入れています。

         正規にはダービーカバーを開けて量を確認しながら行います。

         車体もジャッキで垂直にし、カバーも慎重に6箇所のボルトを

         均等に閉め、さらに大きなOリングをずらさないように一緒に

         締め付けなければならず、めんどくさいのでやっていません。

Pict0093 最後にエンジンオイルを2.5クオート入れます。量を確認し

一旦エンジンをかけ、その後レベルを再確認し足りなければ

規定量まで継ぎ足します。スポは入れすぎるとエアークリナー

         にブローバイし、クリーナーがオイルまみれになってしまうので、

         少し、少なめがベストです。

         これで約1.5時間、結構簡単です。春に向け準備OKです。

        新しいオイルの効果が楽しみです。

|

« 日本酒 無濾過生 純米 | トップページ | 東名高速でツーリング »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123258/44420225

この記事へのトラックバック一覧です: ハーレーのオイル交換:

« 日本酒 無濾過生 純米 | トップページ | 東名高速でツーリング »